とわんす

あんまやんないけど、細かいポイント系の話はこっちで

「koboストア」と「楽天ブックス」の「統合」は9月。静かに始まった統合に不穏な兆候(乞食目線)。

いろいろと分かりにくかった「koboストア」と「楽天ブックス(電子書籍)」の違い。



どっちでも「kobo」の電子書籍が買えるが、適用できる「クーポン」や「キャンペーン」に違いがでる。


そんな「koboストア」と「楽天ブックス(電子書籍)」が、2014/9に完全統合されることが、発表された。
楽天、koboと楽天ブックスを9月に完全統合 -INTERNET Watch Watch

また、楽天ブックスとの統合を2014年9月に完了させ、出版社向けにはマーケティングのためのBIツールを提供するとした。


koboの細かいところをみてると、少しずつ統合が進んでいるように見える。


例えば、楽天の買い回りのセール。
最近ではkoboストアと楽天ブックスは、ほぼ同等に扱われる。


そして、最近気づいたんだが。
Edyモールのリンク先が、「koboストア」から「楽天ブックス」に変更になった。


https://mall.rakuten-edy.co.jp/aff/201710/
f:id:tonogata:20140518115549p:plain


このモールを経由してkoboの書籍を買うと、5.5%の還元を受けられる。
通常の楽天ポイントとは、別で。


また、4月から始まったANAモール経由のキャンペーン。
こちらも、「楽天ブックス」での購入が対象。


ちなみに、5マイル/100円というのは、なかなかの超絶高還元。
1マイルの現金価値は「使い方による」が、10円以上たたき出すこともできる。
まぁ一般的には1マイル=2円程度で換算されるが、それでも10%還元となる。


なぜ、このタイミングで?
この超絶効率の還元が、楽天ブックス側に用意されたのか?。。。


いずれにしろ。
集客の流れが、koboストアでなく、楽天ブックス(電子書籍)に大きく切り替わりつつあるのかな、と。



しかし、そこで問題。


なにが問題なのか。



楽天ブックス(電子書籍)は、koboストアより高い


乞食的には、いつだって値段が問題になる。


koboはもともと割引率が、ほかの電子書籍ストアを圧倒している。


これは、主に「koboストア」を念頭に置いた話。


「koboストア」と「楽天ブックオフ」では、だいたい同時期に同内容のクーポンを配るが、その内容は「koboストア」の方がよい=値引率が高い。


例えば、今現在の様子。


「koboストア」は全冊対象の30%オフ。
f:id:tonogata:20140518142322p:plain


「楽天ブックス(電子書籍)」にも全冊対象のクーポンがあるが、20%オフ。
f:id:tonogata:20140518142358p:plain


その他にも、「クーポンの縛り」が、「楽天ブックス」の方が多く、使いにくいことがある。


また、「koboストア」であればメールでたまに

全冊対象、40%オフ、10枚

のクーポンコードが配られたりするが、「楽天ブックス(電子書籍)」のラ・クーポンでは、見たことがない。
※ここはちょっと自信ないが


と、まぁ、基本的に「koboストア」の方が、安い。


これ、「楽天ブックス」に統合されたら、どーなるんだろう?


まさかkobo祭りは終わりになっちゃうと、アレだな。
どうなんだろう。。。



そういや、消費税問題


あんま関係ないが、思い出したので。


電子書籍における消費税について。


amazonは、基本、消費税はかからない。

Amazon.co.jp が販売するKindle本(電子書籍)、MP3ダウンロード商品、アプリストア商品および一部のPCソフト&ゲームダウンロード商品には、消費税は課税されません。

Amazon.co.jp ヘルプ: 消費税について


koboは、出版社任せ。


つまり、koboのシステム側としては「消費税なしでOK」という仕組み。
一応kobo.inc(カナダの会社)の扱いで、利用規約とかも「カナダ州法に則る」なんだよね。


【楽天市場】楽天Kobo電子書籍ストア [会社概要]

Kobo Inc.が日本国内の出版社等の第三者から委託を受けて販売している電子書籍には消費税が課税されます。
その場合、総額で表示されます
Kobo Inc.が権利者の許諾を得て販売する電子書籍には、消費税は課税されません。
システムの都合上、不課税商品にも「税込」と記載のある場合がありますがご了承ください。


それで、↓の記事をみて知ったんだが、、、


消費税納めない電子書籍ストアに身を削って対抗、eBookJapanは価格据え置き -INTERNET Watch Watch

「楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックス」は楽天グループの電子書籍ストアサービスだが、これを提供しているのはカナダのKobo Inc.だ。


そうか、楽天ブックス(電子書籍)は、kobo.inc提供なのか(笑
koboイーブックストアは、kobo.incとは思ってたが、楽天内にある「楽天ブックス」も。。。


まぁ、よく考えたら、今でも楽天ブックス(電子書籍)はkoboストアと同額で売ってるんだから、消費税は払ってないよな。
しかしまぁ、なんというか不自然なアレだなぁ。。。



未成年はkoboの利用に親の同意が必要


今日のワンポイント・メモ。


13歳以上の未成年がkoboを使うには、実は親の書面による同意が必要。

本サービスの利用を約因として、ユーザは、その居住する法域における成年であり、又は13才以上のその居住する法域における未成年の場合には親又は法的保護者の明確な書面による同意を得ていること、及びオンタリオ州法及びカナダ、日本又は適用される裁判管轄地の法律によりサービス利用を禁止されていないことを表明するものとします。

楽天Kobo電子書籍ストア: Kobo利用規約


未成年は親の同意が必要やったんか、kobo。。。


楽天の他のサービスはそんなことないが。
カナダ州法の影響?